最短でも自賠責保険

最短で加入できる任意保険なら!

▼MENU

最短で見つからない…しかし自賠責保険だけで運転はしない

最短で自分に合った任意保険が見つからない・・
ま、とりあえず自賠責保険は加入しているからチョビっとくらいなら運転しても大丈夫でしょ(-_-;)

と自賠責保険のみの状態で運転しているオーナーさんもいますが、ハッキリいって非常にリスクが大きいです。

そういったオーナーさんは今一度、自賠責保険の限度額や内容を確認しておいてほしいですね。

まず自賠責保険は限度額は決められていて、任意保険に比べるととっても限度額が低いのです。
例えば被害車1人に対して死亡でも3,000万円まで。後遺障害の場合でも最高額で4,000万円。

年々、事故の損害賠償請求の金額が大きくなっているこの時代に3,000万円や4,000万円ではまったく足りません。
つまり自賠責保険のみの状態で運転していた場合、最悪な事故で損害賠償請求額が1億円程度(実際には2億や3億の事例もたくさんありますが…)となった場合、不足した7,000万円はどうするのか?という話です。

そのリスクまで考えて運転しているなら問題ありませんが・・。
とにかく自賠責保険の限度額は本当に最低限の金額しか設定されていないってことを知っておきましょう。


怪我の治療費でも足りませんよ

実は自賠責保険では補償が足りないのは大きな事故だけではありません。
ちょっとした出合い頭の事故や軽い追突事故なんかでも、あなたが加害者となった場合、相手の治療費を支払うわけですが、自賠責保険の治療費の限度額はたったの120万円です。

この中で医療費、通院費、休業補償の請求、診断書などあらゆる費用を支払うため、意外と簡単に120万円なんて突破してしまうものです。ムチ打ちや長引く怪我の場合は、それどころでは無いのは言うまでもありませんね。

また相手の状態によっては集中治療室なんかに運ばれるケースもあります。その場合1日で120万円以上の費用になってしまう場合もあるものです。


自賠責保険は対人事故のみ

もしかしたら知らない人もいるかもしれませんが、自賠責保険は対人事故に限定されます。
そもそも自賠責保険は事故の被害車を救済するための最低限の補償という意味の保険ですから当然のことですね。
したがってあなたが激突して破損してしまったガードレールなどには一切自賠責保険は利用できません。
そしてガードレールや標識といった公共物は非常に値段が高いということを忘れずに!


まとめ
ハッキリいって自賠責保険は保険という名前ですが、保険と思ってはいけませんね。
あくまで義務的に加入しているだけで、実際は本当の事故やトラブルで頼りになるのが任意保険です。
任意保険無しの状態での運転は控えておくべきでしょう・・。

最短で安い任意保険を見つけるなら…

保険スクエアbang!の一括見積もり
もう車買取の大手といえるウェブクルーが運営する自動車保険の一括見積りといえばこちらの保険スクエアbang!。
もちろん提携保険会社も大手からややマイナーな会社まで網羅してるので幅広く見積もりできるからおすすめ♪
利用者の中にはここの無料一括見積もりしたことで5万円以上も節約できちゃったなんて話も…(゚∇゚ ;)エッ
ま、無難に2万くらいは安くなるはずですよ(笑)

自動車保険一括見積もり/インズウェブ
提携保険会社の数ではインズウェブも負けてません!
こちらも利用したけど運営元がSBI損保というだけあって保険料の安い保険会社が多かったような気がしましたね♪
提携会社の数も22社と十分なので僕は念のためこちらも申込んでおきましたよ。 おかげで選択肢が増えて更に安いとこ見つかっちゃいましたもんね( ̄∇ ̄*)ゞ
無料なのでこちらも抑えておくといいでしょう!