事故あり等級と無事故等級

最短で加入できる任意保険なら!

▼MENU

事故あり等級と無事故等級

自動車保険の保険料は加入者の年齢や等級、車種や補償内容のよって決定されるものですが、平成25年から大手自動車保険会社では等級に関する規定の変更を行いました。
これまでとは等級ごとの割引率や仕組みが変わっているので注意が必要です。

変更前までは等級のよっての割引率は決まっているものでしたが、今後は同じ等級でも「事故あり」、「事故なし」といった2種類の割引率が用意されることになりました。

簡単にいってしまうと、前年度に保険料が発生するような事故を起こしてしまった場合、等級が下がっただけでなく「事故あり」等級の扱いとなってしまいます。

例えば事故によって下がった等級が12等級だとすると、「無事故の12等級」であれば47%の割引のはずが「事故ありの12等級」という扱いになってしまい結果として割引が27%になってしまうという感じです。

確かに自動車保険の仕組み上、事故を起こさない人は安く、逆に事故を起こすような人は高くといった料金設定は当然のことです。

この規定変更によって今後はますます、事故を起こす人と起こさない人の負担額に差が広がっていく傾向にあります。
また、一度保険料を受け取ってしまうと元の割引率に戻るまでの期間が予想以上にかかってしまうため、事故のレベルによっては保険料を受け取らない方が得策というケースもでてきます。

事故の程度によっては事前に「保険料を受け取ってしまった場合の翌年以降の保険料」を保険会社に示してもらい、シミュレーションして数年後にどちらが得なのか?ということまで考えておくことが大切かもしれません。

まとめ
これからは事故あり等級となると実質の保険料が大幅アップになってしまうため、万が一の保険料を受取る際には必ず翌年以降の(4~5年先まで)の保険料をシミュレーションして比較すること。

目先の保険金をもらったばかりに数年先まで高い保険料を払うことはトータルでマイナスになる可能性もある!

最短で安い任意保険を見つけるなら…

保険スクエアbang!の一括見積もり
もう車買取の大手といえるウェブクルーが運営する自動車保険の一括見積りといえばこちらの保険スクエアbang!。
もちろん提携保険会社も大手からややマイナーな会社まで網羅してるので幅広く見積もりできるからおすすめ♪
利用者の中にはここの無料一括見積もりしたことで5万円以上も節約できちゃったなんて話も…(゚∇゚ ;)エッ
ま、無難に2万くらいは安くなるはずですよ(笑)

自動車保険一括見積もり/インズウェブ
提携保険会社の数ではインズウェブも負けてません!
こちらも利用したけど運営元がSBI損保というだけあって保険料の安い保険会社が多かったような気がしましたね♪
提携会社の数も22社と十分なので僕は念のためこちらも申込んでおきましたよ。 おかげで選択肢が増えて更に安いとこ見つかっちゃいましたもんね( ̄∇ ̄*)ゞ
無料なのでこちらも抑えておくといいでしょう!